城西セミナー城西セミナー

柿の季節
石黒

 谷間の集落:砺波市東別所地域に住む私のおばさん(84歳、亡き父のいとこ)が我家を突然訪問、手にはビニール袋いっぱいの『ふく福柿』。「アキラちゃん、今年もでかいと生ったから食べてみられ」。稲作の傍ら柿の栽培を始めて数十年、『生産組合』も軌道に乗ったとは言えまだまだ苦労が続きそう。ここで問題です、渋柿の「渋」がうまく抜けないのは次のうちどの液体でしょうか?
 
(1)ビール
(2)焼酎
(3)ブランデー
(4)ウオッカ
(5)ウイスキー

答えが分かったら応募!(応募者は翌月のJ-PRESSに掲載します)


J-PRESS 2019年 11月号